単品でも人気.sb-10/20用のアタッチメントポーチ sb-123



 国内送料無料・8~12日後にお届け



税込価格  (日本国内は送料込 / 海外は送料別途)
定価 ¥6,050
/


  この製品について問い合わせる▼



追加料金ご不要!人気のセミオーダー

全体のミシン糸とアクセントの刺繍を選んで、オリジナル仕様でお作りします。
追加料金は0円!納期も通常通りの8-12日後にお渡しが可能です。


変更方法・・・カートに入れた後に表示されるメモ欄に「ミシン糸は金。刺繍は上から赤、紺、水色」のようにご記入ください。
選べる糸色は11色・・・白、赤、緑、カーキ、黒、茶色、金、水色、紺、黄色、紫 

いと糸見本


カバンの中の小物整理用に買いました。 厚みのある革でも柔らかいので使いやすいです。

【単独でも人気のポシェット用アタッチメントポーチ】




人気のお財布ポシェットとセットに♪


発売以来、ご好評を頂いている長財布ポシェットのSB-10とSB-20に取り付けられるアタッチメントポーチです。


人気シリーズのお財布ポシェットをお使いのお客様の「スマホやキーケースなども一緒に持ち運ぶことが出来たら便利です」というご要望にお応えして作りました。

お財布ポシェットと同時に購入される方も多いですが、レザーのポーチとしてリーズナルな価格なので単体で購入する方も多い人気製品になりました。



お財布ポシェット[sb-10]にセットしたところ。


サイドのDカン金具にお財布ポシェットのショルダーのナスカン金具を取り付けてください。
ファスナー式なので中身が安心な作りとなっております。
イカリの刺繍はイタリア国旗カラーなのも〇

お財布ポシェットとセットの場合は、お財布と異なる色で組み合わせてもオススメです。



リーズナブルなので単品で購入されるかたも多いです。



・幅: 21cm
・高さ: 14cm
・奥行: 2cm
・重さ: 120g
・ミシン糸色: 本体に合わせた糸.色
・刺繍: イタリア
・ポケット: 無し
・素材: 牛革
・金具: 鉄
・糸: ポリエステル

姉妹製品・サイズ違い製品






 





質問フォーム

お客様からのレビュー

レビューの数 2 reviews ▽ レビューを書く

ジャプリッシュとセミオーダーについて

JAPLSIHの特徴 

選ばれる3つの理由 

Japlishは2009年に福岡で創業しました。
日本の鞄メーカーHERZで勤務経験を持つ代表は3つの理念を持っています。

1:安心の日本国内製造
2:迅速なモノ作り体制
3:セミオーダーによる仕様変更

3つの理念のもと、少人数の作り手が作るため大量生産が出来ません。
大量生産ではなく愛情をもって作られた製品は使うほどに愛着が湧き育てたくなります。

Japlishについて▶

Japlishが選ばれる理由 

オリジナル仕様をセミオーダー 


「せっかくの受注制作でお待たせするなら、他の人と違う仕様を楽しんで頂きたい」という考えています。
そこで全体のミシン糸、アクセントの刺繍糸を無料で変更頂けます。
また直営サイト限定でネーム刻印が無料です。

ともに備考欄に「ミシン糸は赤」「イカリ刺繍は上から 白、水色、紺」
ネーム刻印は「TOMOKO.H]のようにご記入ください。

糸色や刻印の詳細は下記をご覧ください。

簡単セミオーダーについて▶

ご注文に関するよくある質問

より詳しい情報は「お買い物ガイド」や「よくある質問」をご覧ください。

製品カテゴリー

レザーグッズ・革小物

Product image

財布

Product image

小銭入
マネークリップ

Product image

名刺入
パスケース

Product image

ステーショナリー

Product image

キーグッズ
各種ストラップ

Product image

各種ポーチ
モバイル・眼鏡ケース

Product image

バラエティグッズ
ペット・アクササリー

Product image

新製品・直営限定品

Product image

全ての小物一覧

レザーバッグ・革鞄

Product image

ショルダーバッグ
お財布ポシェット

Product image

ボディバッグ
リュック

Product image

トートバッグ

Product image

その他バッグ

Product image

全てのバッグ一覧

Product image

修理・特注追加

■ Japlishの作りとSDGsへの取り組み 


Japlishでは「ご注文のお品一つ一つを大切に作りたい」という考えのもと、工場や分業制は使わずに全ての工程を自分達でおこなっています。
また、シーズンで製品を変えず、アフターケアも完備した持続可能な革製品の製造体制を心掛けています。

在庫を持たないことで供給過多にならず、廃棄物を出来る限り少なくしています。
またメインの素材である革はお肉の副産物であり、経年変化を長く楽しめるSDGsに適した持続可能素材です。